☆★ブラジルの格闘ダンス・カポエイラの魅力を紹介し、その深みを探求するサイトです!★☆

ブログ ☆★Roda de Papoeira★☆

世界無形文化遺産のカポエイラを疑う勉強会

「カポエイラはブラジルを代表する文化として、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されているんだよ!」


カポエイラを知らない人たちに説明するときに、私たちが半ばドヤ顔で口にするセリフではないでしょうか?


来週の水曜日(4/7)から読み始める文献は、普通は何の疑いもなく、むしろ誇りと自信に満ちた気持ちで使っているこのフレーズに潜む「暴力性」、カポエイラがブラジルという国のシンボルにされたり、グローバル化と絡んで人類全体の文化遺産のように語られることの「弊害」について考えさせてくれます。


別にこのフレーズが間違っているというのではないんですよ。ただいくつかのことをきちんと踏まえて使わないと、守っているつもりのものを逆に傷つけてしまうリスクもはらむんだよ、という内容です。


それこそ今日私たちがカポエイラをとらえる視点として本丸のトピックですね。それは例えば、私たち日本人が「外国人」としてカポエイラに取り組むにあたり、ブラジルの国旗を何の疑問もなく掲げるか、シマウマ柄のデザインを使うか、サウヴィ(salve)という挨拶を使うか、奴隷という単語をポル語で「escravo」と言うか「escravizado」と言うか、などなど、私たちのカポエイラ・アイデンティティーに直結し、自分たちの何気ないふるまいを点検するきっかけを与えてくれます。


この論考はA4で18ページほどのものですが、私たちがこれまで取り組んできたものの中では最長のチャレンジになります。ただその中身はそれだけの価値が十分にあるもので、2008年にカポエイラがブラジルの文化遺産に指定されたことに対するアンゴーラ系4グループの考え(GCAP、FICA、NZINGA、Ipiranga de Pastinha)や政府側の思惑、カポエイラの普及におけるヘジオナウや白人中産階級の役割、スポーツ化の意味などにも言及されていて、私たちのカポエイラを見る視点を形成するのに十分な素材が詰まってます。


なんだか、かなり小難しそうな話ですよね?確かに小難しいです。ただ最初は「無邪気だ」「イノセントだ」で済んでいたものも、カポエイラと関わる時間とともに責任というのが求められてきます。なのでそういう認識、そういう立場にある人たちに向けての内容です。だからこそ初心者なら関わらなくても許される小難しい話も、ときには立ち向かわないとですね!一人では難しい内容も、寄ってたかってナントカの知恵というやつです。


コースの目的ははっきりしてます。
①辞書を片手に自分の力でポル語の文献を読めるようになること。
②カポエイラに対する知識を増やし、感じ方に幅と奥行きを持てるようになること。


興味あるよ、という方はぜひ一緒に勉強しませんか?来週の水曜日(4/7)からスタートです。 ポル語は全然自信ないという人は、ほかの人の訳を聞いてコンテンツの勉強メインというのもOKです!


「カポエイラしか読まないポルトガル語読解講座」

■日時:毎週水曜日 午後9時から10時(60分) Zoomを利用します。
■進め方:
①決められた範囲を参加者全員で訳してきます。
②段落ごとに当てられた人が翻訳を発表し、久保原が補足、解説します。
③発表者以外の参加者も疑問、質問を自由に出して、みんなで話し合います。
※欠席した人にはその日の日本語訳文と授業の録画を配信しますので、フォロー態勢もばっちりです!
■読む文献:『無形文化財としてのカポエイラーシンボルと政治の新たな挑戦』(シモニ・ポンジ・ヴァッサロ、2008)
■参加費:10,500円(3か月・12回)
■お申込み、お問い合わせ:liberdade@magic.odn.ne.jp(久保原)まで。

【参加者募集!】今度のテーマは、謎のシマウマダンス、ニゴロに迫ります!



カポエイラしか読まないポルトガル語読解講座、参加者募集のお知らせです。

いま読んでいるカポエイラ・ゴスペルがおそらく今週でキリが付くので、次回からは、ついに来ました、カポエイラのルーツとされる謎のシマウマ・ダンス、ニゴロの最新の研究成果に挑みます。

これまでアンゴレイロがシマウマをデザインしたTシャツを着ていたりするのを不思議に思ったことはありませんか?なんでシマウマなの?あれはアンゴラの画家のアウバーノ・ネヴィス・イ・ソウザという人が60年代にバイーアを訪れ、メストリ・パスチーニャに、アンゴラでカポに似たダンスを見たことがあるよ。それはシマウマを意味するニゴロというダンスだよ、と伝えたことがきっかけで、にわかにカポエイラの祖先はアンゴラのニゴロだと考えられるようになったことに端を発します。

今回読むテキストは、このニゴロを実際にアンゴラに探しに行ったマチアス・ローリグ・アスンサゥンという歴史学者が書いた文です。それは本当にカポエイラの祖先なのでしょうか?これまでほとんど知られていなかったニゴロの実像に迫ります。

毎週水曜日、全国のカポエイラ・フリークが集まって夜な夜な行われるこの集い。カポエイラの歴史の深みに入り込むことで、これまで気づかなかったカポエイラの新しい魅力が見えてきます。コロナ禍で体を動かせないあなたの魂を揺さぶることでしょう。

この講座の第一の目的は、一人でカポ関係のポル語の文献を読み進んでいく力をつけることにあります。同時にテキストの内容から学び、多面的なカポエイラの魅力を味わうぞよ。

欠席した人にはその日の日本語訳文と授業の録画を配信しますので、フォロー態勢もばっちり。参加費も1回875円と超リーズナブルになってます!

この講座はいつからでもご参加いただくことはできますが、基本的にトピックが変わるタイミングでしかこちらからはお声がけしませんので、関心のある方はこのタイミングをぜひお見逃しなく!

「カポエイラしか読まないポルトガル語読解講座」

■日時:毎週水曜日 午後9時から10時(60分) Zoomを利用します。
■進め方:
①決められた範囲を参加者全員で訳してきます。
②その週の担当者が翻訳を発表し、久保原が補足、解説をする。
③発表者以外の参加者も疑問、質問を自由に行う。
※欠席した人にはその日の日本語訳文と授業の録画を配信しますので、フォロー態勢もばっちりです!
■読むテーマ:古いメストリたちのプロフィールやカポエイラの歴史について、なるべく平易なものから始める。
■参加費:10,500円(3か月・12回)
■お申込み、お問い合わせ:liberdade@magic.odn.ne.jp(久保原まで)

次のお題は「カポエイラ・ゴスペル」!



「カポエイラしか読まないポルトガル語読解講座」の来週からのお題は「カポエイラ・ゴスペル」です。

皆さんも「カポエイラ・ゴスペル」「福音のカポエイラ」というトピックくらいは聞いたことあると思いますが、近年ブラジルで急速に力を持ってきているプロテスタント系のキリスト教会がカポエイラを教化の手段としているという問題です。その中ではカポエイラのアフリカ性が否定されたり、歌も神やキリストを礼賛する歌詞のものしか歌わないとか、カポの根幹にかかわるような問題もはらんでおり、ブラジルでも様々な議論が交わされてきています。

今回は3年前にブラジルのBBCが取材した記事を読んで、現代のカポエイラを取り巻く問題の一つを垣間見てみようと思います。

8月にスタートしたこの講座では、「カポエイラのスタイルについて」「アンゴーラで靴を履く『伝統』について」「メストリ・ビンバのリング上のカポエイラ」「コブリーニャ・ヴェルジのプロフィール」「メストリ・パスチーニャがブルース・リーに敗れる」とずっと歴史もので来ましたので、6つ目となるお題はカポエイラの今日の問題を勉強してみたいと思います。

レッスンではポルトガル語の訳し方、文法の問題はもちろん、テキストの内容について説明を補足したり、みんなで話し合ったりします。カポエイラの歴史を学び、今日の状況について理解を深めることで、より奥深く味わうことができます。

欠席した人にはその日の日本語訳文と授業の録画を配信しますので、フォロー態勢もばっちり。参加費も1回875円と超リーズナブルになってます!

この講座はいつからでもご参加いただくことはできますが、基本的にトピックが変わるタイミングでしかこちらからお声がけはしませんので、関心のある方はこのタイミングをぜひお見逃しなく!

「カポエイラしか読まないポルトガル語読解講座」

■日時:毎週水曜日 午後9時から10時(60分) Zoomを利用します。
■進め方:
①決められた範囲を参加者全員で訳してきます。
②その週の担当者が翻訳を発表し、久保原が補足、解説をする。
③発表者以外の参加者も疑問、質問を自由に行う。
※欠席した人にはその日の日本語訳文と授業の録画を配信しますので、フォロー態勢もばっちりです!
■読むテーマ:古いメストリたちのプロフィールやカポエイラの歴史について、なるべく平易なものから始める。
■参加費:10,500円(3か月・12回)

メストリ・ブラジリアへの支援をお願いします!



私の最初の師匠であり、サンパウロのカポエイラの先駆者のひとりであるメストリ・ブラジリアを支援するキャンペーンです。

現在メストリ・ブラジリアは、コロナのあおりもあり、長期間レッスンを行うこともできず、家賃の高い、現在アカデミア兼住居としている拠点を立ち退いて、マイリンポランというサンパウロ市郊外に移転する計画を進めています。とはいえ、全く先立つもののない状況で、今回はその引っ越し費用を支援しようというキャンペーンです。

先だってブラジル側でも支援のキャンペーンが動き始めていますが、申し込み窓口などがブラジルということもあり、たとえ気持ちがあってもポルトガル語でやり取りする煩雑さのために参加できない方もいらっしゃると思います。

そこでブラジルとは別に日本オリジナルのキャンペーンを打つことにしました。商品は私の個人的な在庫を提供する形で、送料以外の売り上げはすべてメストリ・ブラジリアに送金します。

書籍セットとDVDセットの2種類を用意しました。通常の商品価格は合計で10,000円前後になるものですが、このたびは可能な限り多くの方にご協力いただきたく、価格はいずれも3,900円(税込み)としました。今ならおまけにドナ・イヴォニ(メストリ・カンジキーニャの未亡人)が表紙のカポエイラのミニコミ誌をお付けいたします。

ご協力いただける方はliberdade@magic.odn.ne.jp(久保原)までご連絡ください。みなさまどうぞご協力よろしくお願いいたします。


■書籍セット
①本『Vivencia e Fundamentos de um mestre de capoeira』ポルトガル語版(3,240円)
②CD『Capoeira e de valor – Mestre Brasilia』(2,700円)
③DVD『Coletânea de aulas e shows com Mestre Brasília』(3,780円)


■DVDセット
①DVD『Vivencia e Fundamentos de um mestre de capoeira』日本語字幕付き(4,212円)
②CD『Capoeira e de valor – Mestre Brasilia』(2,700円)
③DVD『Coletânea de aulas e shows com Mestre Brasília』(3,780円)

※(  )の価格は商品の通常価格です。
※送料・代引き手数料が別途500円かかります。
※商品の詳細はこちらをご覧ください。
●本『Vivencia e Fundamentos de um mestre de capoeira』ポルトガル語版
http://www.berimbau.jp/29_388.html

●CD『Capoeira e de valor – Mestre Brasilia』
http://www.berimbau.jp/36_387.html

●DVD『Coletânea de aulas e shows com Mestre Brasília』
http://www.berimbau.jp/31_282.html

●DVD『Vivencia e Fundamentos de um mestre de capoeira』日本語字幕付き
http://www.berimbau.jp/31_360.html

第4クールはコブリーニャ・ヴェルジとパスチーニャ

毎週水曜日の21:00になると北は札幌、南は福岡、はたまたブラジルはバイーアから仲間が集まってきます。その日は私たちの大切な夜会。それぞれの居場所から時空を超えて、私たちの心がブラジルの古都サルヴァドールを散策する日です。

ビンバがリング上でアンゴレイロたちと対戦していたセー広場、弟子たちのホーダをパスチーニャが目を細めて眺めているペロウリーニョ、ヴァウデマール、トライーラがビリンバウを弾き、ナジェ、ブガーリョがジョーゴをしているコルタ・ブラッソのホーダ、ビゾウロが闊歩していたサント・アマロ・・・。

「カポエイラしか読まないポルトガル語読解講座」での濃密な学びの時間は、私にとって、文字通りの意味で祝祭です。とくにコロナで物理的にはなかなか集まりにくく、練習もホーダもままならない状況にあって、夜な夜なカポエイラの歴史の森をうろつく快感は、ハマります・・・!

一昨日終了した第3クールではメストリ・ビンバのリング上で繰り広げられた異種格闘技戦の様子を垣間見ました。サルヴァドールの有力新聞『A TARDE』の編集部に呼ばれたメストリ・ビンバは、カポエイラ・ヘジオナウ創出の経緯、師匠ベンチーニョから学んだカポエイラに何を付け足して、何を取り除いたかを語ります。リング上の試合のルールも最小限の反則以外は何でもありであるべきで、いつなんどき敵に襲われても対応できるのが真のカポエイラだ、ビリンバウ、パンデイロの伴奏など意味がないと持論を展開します。

研究者が書いて本の形になった文章ではなく、1936年3月16日付の実際の新聞記事ですから、こういうのを歴史学では一次史料と言いますが、本当にメストリ・ビンバの話を間近で聞いているような息遣いが感じられます。

もちろん肝心のポルトガル語の勉強も濃いですよ。昨日の一幕を紹介しましょうか?

たとえばビンバと対戦したゼイ(Zey)がメイア・ルーア・イ・アルマーダを1発とチゾウラを1つしただけだった(Zey fez apenas, uma meia lua e armada atingida e uma tesoura atingida. )と出てくれば、この「apenas(ただ、~だけ)」は「somente」に置き換えられますかという質問が飛び出します。すると、apenasは数量の方に重点があって「~だけ」という意味だけど、somenteは「~しかできなかった」というようなニュアンスで、apenasを使う方が優しい言い方ですよ、などという説明が、ブラジル人アドバイザーのソウさんからされます。

するとまた別のメンバーが、同じく「~だけ」を意味する「só」との違いは何かと質問し、たとえば「昨日タルトを一つだけ作った(3つではなく1つという数重視)」というのと「昨日はタルトを作っただけだった(他のことをせずにタルト作りしかしなかったという行為重視)」のニュアンスをどう表現し分けるかという話になって、私も初めは

Ontem fiz uma torta.(昨日タルトを一つだけ作った)

Ontem fiz uma torta.(昨日はタルトを一つ作っただけだった)

のように、「só」の位置の問題かと考えたのですが、実は違っていて、次のように「uma」をつけるかつけないかが分かれ目だというようなディテールを学んでいます。

Ontem fiz só uma torta.(昨日タルトを一つだけ作った)

Ontem só fiz torta.(昨日はタルトを作っただけだった)

いかがですか?なかなかマニアックですよね?ほとんどの人は、今の部分飛ばし読みしてると思いますが(笑)、こういう細部にこだわって詰めていくことで、ポルトガル語を一人で読み進んでいける地力が少しずつ身についていくんですね。なかなか一人ではそこまでストイックにできなかったり、ともするとスルーしてしまいがちですが、グループでアタックするからこそ突き進める部分だと思います。

来週からの第4クールでは、コブリーニャ・ヴェルジのプロフィールを少しだけかじってから、「メストリ・パスチーニャがブルース・リーに負けた」というセンセーショナルな見出しの新聞記事にチャレンジします。

講座の概要は以下の通りです。カポエイラの歴史を探訪しながらポルトガル語の読解力をつけることに関心のある方は、ぜひ合流してください。

「カポエイラしか読まないポルトガル語読解講座」

■日時:毎週水曜日 午後9時から10時 Zoomを利用します。
■進め方:
①決められた範囲を参加者全員で訳してきます。
②その週の担当者が翻訳を発表し、久保原が補足、解説をする。
③発表者以外の参加者も疑問、質問を自由に行う。
※欠席した人にはその日の日本語訳文と授業の録画を配信する。
■読むテーマ:古いメストリたちのプロフィールやカポエイラの歴史について、なるべく平易なものから始める。
■参加費:3,900円(月4回)、10,500円(3か月・12回)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © カポエイラ入門 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.