「カポエイラしか読まないポルトガル語読解講座」の来週からのお題は「カポエイラ・ゴスペル」です。

皆さんも「カポエイラ・ゴスペル」「福音のカポエイラ」というトピックくらいは聞いたことあると思いますが、近年ブラジルで急速に力を持ってきているプロテスタント系のキリスト教会がカポエイラを教化の手段としているという問題です。その中ではカポエイラのアフリカ性が否定されたり、歌も神やキリストを礼賛する歌詞のものしか歌わないとか、カポの根幹にかかわるような問題もはらんでおり、ブラジルでも様々な議論が交わされてきています。

今回は3年前にブラジルのBBCが取材した記事を読んで、現代のカポエイラを取り巻く問題の一つを垣間見てみようと思います。

8月にスタートしたこの講座では、「カポエイラのスタイルについて」「アンゴーラで靴を履く『伝統』について」「メストリ・ビンバのリング上のカポエイラ」「コブリーニャ・ヴェルジのプロフィール」「メストリ・パスチーニャがブルース・リーに敗れる」とずっと歴史もので来ましたので、6つ目となるお題はカポエイラの今日の問題を勉強してみたいと思います。

レッスンではポルトガル語の訳し方、文法の問題はもちろん、テキストの内容について説明を補足したり、みんなで話し合ったりします。カポエイラの歴史を学び、今日の状況について理解を深めることで、より奥深く味わうことができます。

欠席した人にはその日の日本語訳文と授業の録画を配信しますので、フォロー態勢もばっちり。参加費も1回875円と超リーズナブルになってます!

この講座はいつからでもご参加いただくことはできますが、基本的にトピックが変わるタイミングでしかこちらからお声がけはしませんので、関心のある方はこのタイミングをぜひお見逃しなく!

「カポエイラしか読まないポルトガル語読解講座」

■日時:毎週水曜日 午後9時から10時(60分) Zoomを利用します。
■進め方:
①決められた範囲を参加者全員で訳してきます。
②その週の担当者が翻訳を発表し、久保原が補足、解説をする。
③発表者以外の参加者も疑問、質問を自由に行う。
※欠席した人にはその日の日本語訳文と授業の録画を配信しますので、フォロー態勢もばっちりです!
■読むテーマ:古いメストリたちのプロフィールやカポエイラの歴史について、なるべく平易なものから始める。
■参加費:10,500円(3か月・12回)