☆★ブラジルの格闘ダンス・カポエイラの魅力を紹介し、その深みを探求するサイトです!★☆

ブログ ☆★Roda de Papoeira★☆

世直しの道具としてのカポエイラ



日本でカポエイラという用語がどのように説明されているか。19の辞書、事典に当たって調べた前田フェルナンドさんの興味深い記事(https://japoeirando.blogspot.com/2019/08/definicao-do-verbete-capoeira-nos.html)を昨日読みました。それによると「格闘技」とするものが最も多く、続いて「ダンス」「格闘技&ダンス」の順に続くそうです。これは日本人一般の、ましてや日本人カポエイリスタのカポエイラに対する見方を反映したものではないとフェルナンドさんも断っていますが、平均的な日本人のカポエイラに対するイメージはよくてこの程度だろうと思います。

私は8つの大学で講師をしているのですが、毎年自己紹介のときに、カポエイラって知ってますかと学生に問いかけます。しかし知っていると手を上げる人はごくわずかで、聞いたことはあるけどどういうものかは分からないという人がチラホラ。まったく聞いたこともないという学生が実に半分以上なんですね。大学1年生でですよ。こんな実情ですから、辞典類に書かれている内容は「正しいもの」として一定の社会的影響力を持つのは確かだろうと思います。

なんかちょっと寂しいですよね。私たちカポエイリスタが味わっている豊かなカポエイラの世界をもう少し正確に世の中に知って欲しいと思うのは私だけでしょうか。しかしそれはひとえに私たちカポエイリスタの責任です。私たちが日ごろからカポエイラと多元的な付き合い方をしていくことが、ゆくゆくは社会のカポエイラに対する見方を変えていくのだと思います。実際それ以外ないですよね。

ところでカポエイラがダンスか格闘技か、あるいはその両方の混ざったものかという見方は、いずれもカポエイラの身体運動としての側面に注目した区分です。逆に言えば日本社会のカポエイラへのまなざしはいまだにそういうモノサシしか持っていないということです。しかしすこし深くカポエイラを修練した人であれば、その関心は精神性のほうへ向かうでしょう。そうなると芸術だ、哲学だ、いやいやコミュニケーション・ツールでもある、という見方が続くのではないでしょうか。しかしながら私が個人的に関心があって、日本のカポエイリスタにも広めたいなぁと考えている視点はもうひとつ先にあります。それはカポエイラの持つ政治性、社会性に注目したときに浮かび上がる「社会変革の手段」という見方です。もっと平たく、世直しの道具と呼んでもいいと思います。

えっ、何を急に、と驚きましたか。おそらく少なくない人たちは「そりゃそうだよね」と同意していただいていると思います。

言うまでもないことですが、社会のすべての問題を解決できるほどカポエイラは万能ではありません。カポエイラが背負う歴史をふまえて得意な分野は、人種的平等とか文化的多様性の尊重といった分野です。しかしながらこの問題はあまりにも根源的であるために、この問題について勉強すれば芋づる式に社会のあらゆる問題が一緒についてきますし、この問題を少しでもいい方向に変えて行ければ、他人を幸せにできるし、自分も幸せになれるという性質を持った問題であります。

たとえばカポエイラを通して次のような問題を考えていくことができます。カポエイラはユネスコの世界遺産に登録されるほど、その価値が国際的に高く評価されるようになったにもかかわらず、どうしてそのオリジナルの担い手たるブラジルの黒人が置かれている状況は劣悪なままなのか。ブラジル国内でも会員が何万人もいる大きなグループのトップがことごとく白人のメストリたちに占められているのはどうしてか。どうして大学のカポエイラ・サークルには白人が多く、ファヴェーラ(スラム街)のグループには黒人が多いのか。

このような問題について知識を増やし、あるべき理想や直面する課題をみんなで話し合ってみることがとても重要です。その中で黒人の子どもたちは自尊感情を高めることができるでしょうし、白人は自らの無意識に潜んでいた偏見を反省するきっかけになるでしょう。私たち日本人は教科書の中のエピソードとしてではなく、敬愛するメストリや仲間たちの顔を思い浮かべながら、自分に関係のある問題として認識できるでしょう。その先にはカポエイラをひとつの「人種(raça)」とした連帯、協働が見えてくるかもしれません。

私たちはカポエイラという地球の反対側の文化について学びながら、最終的にその視線を足下の問題、すなわち女性、朝鮮人、部落、アイヌ民族、LGBT、障がい者といった国内のさまざまなマイノリティー問題に向けることができます。それがカポエイラを社会に活かすことであり、カポエイリスタとしてカポエイラを生きることにつながります。ここに私たちがカポエイラを学ぶ大きな意義を見出せると思います。

ここまで読んで、なんだ、自分はそんな小難しいことのためにカポエイラやってるんじゃないよ、とお考えのみなさん、ご安心を。あなたはひとつも間違ってはいません。ただサッカーとか空手とかピアノとか習字とか、いろいろな習い事、種目のひとつとしてカポエイラの特徴を捉えようという場合、カポエイラはとても多面的で、さまざまな関心を持つ人々の求めに応えられるだけの間口の広さと奥行きの深さを持っているということ。とくにカポエイラが生み出された文脈、そのオリジナルの担い手たちが置かれた現状は非常に政治的で、どういう取り組み方をしても、その政治性から完全に自由にはなれないということは認めないわけにはいかないのです。

たとえば歌っている歌詞を訳してみてください。「Vou dizer ao meu sinho(ご主人様に報告しよう)」「Olha la o nego(あの黒人を見ろ)」、ほら、お分かりでしょう。ポルトガル語がよく分からないというみなさんも、知らないうちにそういう内容を大声で歌っていたんです。皆さんの関心がたとえそこにフォーカスされていないとしても、カポエイラにはあらかじめそういう問題が内蔵されているわけです。ですからたとえバク転ができるようになりたいからカポエイラを始めた人にも、その修練の過程で政治的な問題を考えるさまざまな糸口が自然に提供されているんですね。

キリがないので、最初の話に戻ります。日本の辞書のカポエイラの説明に、ダンス、格闘技以外の多様な説明を加えさせるのは私たちカポエイリスタの責任です。この先5年後、10年後の説明がより豊かなものになっていますように。祈るだけでなく、動いていきましょう!

公園でホーダができないのは是か非か?



先日(8月18日)名古屋市の鶴舞公園でホーダを行っていたところ、通報があったということで公園管理の職員の方が来られて、ホーダを中止するよう求められました。そのあとに音楽関係のイベントもあるとのことで、音を出されては困るという事情も理解できます。さいわいキロンボ(私たちの道場)は電車で一駅のところでしたので、楽器をたたんですぐさま移動しましたが、東京や金沢など遠方からお越しいただいていた方々には、バタバタでホーダの時間がずれ込んでしまいたいへんご迷惑をおかけいたしました。申し訳ございませんでした。

ところで私の心に引っかかっているのは、公園の公共性の問題です。公園が市民の憩いの場だとするなら、私たちもその「市民」に含まれるはずですが、問題は、あの広大な鶴舞公園でカポエイラをすることが他の利用者にとってどの程度迷惑をかける行為かということです。おそらくうちのメンバーにも、とにかく音を出すホーダは騒音で迷惑だから差し控えるべきだという遠慮深い人たちが多いだろうと思います。

おそらく現在の日本社会では、警察や自治体が、一部の人たちのクレーム、通報を聞き入れ、禁止に禁止を重ねていった結果、誰も文句を言う人のいない状況を「公共性が確保されている」と考えるようになっていると思われます。事実どの公園に行っても「ボール投げ禁止」「音出し禁止」「スケボー禁止」「花火禁止」「花見禁止」「フェンス上るの禁止」と、禁止の貼り紙があふれています。どれも公園でできなければどこでしたらいいの、と聞きたくなるようなものばかりです。本来は多くの人たちが利用できる場であるはずの公園が、ほとんど何もできない場所になってしまっているのが現状です。

そこで思い出されるのは2週間前にニュースになった、あいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」の一件です。従軍慰安婦を表現した少女像や昭和天皇の肖像写真を燃やした展示に対して多くのクレームが寄せられ、なかには「ガソリン缶を持ってお邪魔する」という脅迫まであり、治安を維持しかねるという理由から愛知県の大村知事は展示を中止にしました。巷では「表現の自由がテロに屈した」とか「電話で文化を潰す悪しき事例を作ってしまった」という、表現の自由 vs 行政介入が問題となっています。

その一連の議論の中に税金を使っているのだから思想的に偏った展示をすることは許されないというものがありました。私の立場は、考えに賛成、対処の仕方に反対です。今回の場合は、いわゆる左翼が喜ぶ思想表現に偏っていたのが問題であって、結果として展示そのものが中止にさせられてしまいましたが、理想的には右翼の支持する表現も並べて、展示を決行するべきでした。これまでさまざまな規制により展示が認められなかった表現たちに発表の場を与えること自体には大いなる意義があると思います。

このトリエンナーレの話を、今回のホーダ追い出され問題に私が重ね合わせて考えるのは、税金を使っているから大多数の人が不快に感じるなら即中止というのはまったく反対で、公金を使っているからこそ少数意見や多様性が保障されてしかるべきだという視点が本筋だろうと思うからです。つまり公園の利用をめぐる公共性も、住宅地では到底許容されないカギカッコ付きの「迷惑行為」を、お互い多少は我慢しあって認めあおうよという場こそ本来の公園であるべきだと思います。

不快に思う人が一人でもいたら軒並み禁止にしていくことが果たして住みよい社会を築くのかどうか。快・不快、迷惑の度合いは人それぞれですから、それを徹底していけば、最終的には誰にとっても息詰まる世の中にするだけのような気がしてなりません。

さきほど鶴舞公園を管理する名古屋市緑化センターに問い合わせたところ、一本でもクレームの電話があったら原則中止をお願いすることになるという説明でした。通報した者勝ちというのが現代の日本社会のようです。余談ですが今年からうちの子供たちが通う小学校のマラソン大会が中止になりました。理由は、子どもたちの走るコースの安全を確保するために一時的に交通を規制することに地域の住民がクレームしたからだと聞いています。こういう時代を生きているんですね・・・。

さよなら2代目「カポエイラ入門」

ジオシティーズという無料でホームページを作れるサイトを利用して開設してきた2代目「カポエイラ入門」が、あと2日で消滅します。ジオシティーズの閉鎖に伴って、そこで開設されていたすべてのコンテンツが見られなくなるとのことです。これまで18年間にわたって日本中のカポエイリスタの皆さんにお世話になってきました。改めて見直してみると2000年からの懐かしい写真などもあったりして、これまでの、あっという間のようで長いこれまでの歩みに私自身も感慨深い気持ちを抱きました。長らくのご愛顧ありがとうございました。最後にひと目という方は、こちらです。http://www.geocities.jp/vadiacao/

ホーダで欺くためには練習を偽ってはならない

「ホーダで欺くためには練習を偽ってはならない」(メストリ・ヘネ)
Temos que ser verdadeiros no treino para poder mentir na roda.Mestre Renê.

私の大好きなフレーズのひとつです。毎回の練習で胸に刻んで臨みます。

グループはいずれなくなるか?


前回の記事「グループを軽んずるなかれ」にとても深い洞察のコメントをいただきました。facebook上のことですので、このまま埋もれさせてしまうのはもったいないと思い、それを少し膨らませて記事の形でお答えさせていただこうと思います。オリジナルのやり取りに関心のある方はこちらのコメント欄をご覧ください。以下はそのコメントの抜粋です。

グループ単位でカポエイラが行われるようになったのは、カポエイラの歴史からすれば、ごく近年のことですよね。
グループで行っている人たちや、活動を引っ張っているメストレでさえも、グループのメリットもデメリットも感じながら、まだまだ模索していると言えるところもあるのではないでしょうか。三十年続いた大きなアンゴラのグループの創始者であるメストレも去年脱体を表明しました。悩みは尽きないようです。ルーアハスタのように自分のグループを持ちたくないというメストレもいます。

グループでなければ成し遂げられないことがあると思うし、それによってカポエイラは世界中で大きく発展したと思います。でも、これが永遠に正解の形なのかは正直わかりません。もしかしたら、もしかしたら役目を終える日が近いのかもしれない。

※久保原のfacebookの投稿(2019/02/13)に寄せられたShinsaku Iúna Matsubaraさんのコメントから抜粋。

カポエイラがグループという形態で取り組まれ始めたのはビンバ、パスチーニャ以降のことです。1930年代あたりからなので、ほぼ90年前ですか。近年といえば近年ですが、今日カポエイラが世界遺産に認定されるに至るカポエイラ発展のスタートがこの時点にあります。

ではなぜグループという形を取るようになったのでしょうか。問題はそこですよね。それまでは「ならず者のたしなみ」として警察の取締りの対象となり、世間からも「黒人という劣った人種の文化」として蔑んだ見方をされていた状況から、なんとか社会的に認められ、偏見なくブラジル人全体にカポエイラを広めたいというのがビンバにもパスチーニャにも共通の思いでした。そのために彼らの取った道は「改革路線」のヘジオナウ、「伝統路線」のアンゴーラと違いはありましたが、目指すゴールには多分に共通の願いがあったのです。

そのときに2人ともが選択したのがグループという形態でした。これは普通に想像すればごく自然の成り行きだったと思います。それまでバラバラだったものをまとめようというときに、みなさんだったらどんなことから手をつけますか?まずは考えの同じ人を募り、グループを作って、それに名前をつけ、ユニフォームなんかをそろえて、メンバー同士が一体感を感じられるのと同時に、対外的にもまとまりのあるものとして認知してもらおうと考えるのではないでしょうか?実際、これ以降のカポエイラはこういう形で社会に受け入れられ、発展してきたのですね。そしてそれは今日まで続いています。

「ところが」、というよりは、「いうまでもなく」と言ったほうがいいでしょうか。グループという形態がカポエイラにとって理想的で、運営上なんの問題も抱えないかといえばそんなことはまったくないわけで、およそ人間の集まるところ問題は常に山積です。

これは私の見方ですが、グループというのを現代の家族制度に見立てて考えるとかなりすっきり了解できるのではと思います。きわめて乱暴に言えばですよ、私たちのおじいちゃん、おばあちゃんの時代は、男がえらくいて女は従うという風潮だったものが、女性も社会に進出し、キャリアを重視するようになるにつれて、婚姻率は下がり、出産率も下がりました。離婚や非婚も増え、それに対する偏見は弱まり、はたまた同姓婚が認められ、生物学的には子孫を残しえない同姓カップルが他人の子供を養子に迎えることまで認められ始めています。このままでは家族が崩壊してしまうのではないかと危惧する人もいれば、いやいや個人が主体でさまざまな生き方があっていいんだ、大事なのは本人が幸せかどうかで、家族の形もいろいろでいいんだ、という意見もあります。

このような家族を取り巻く状況を、カポエイラのグループと「ひとりカポエイリスタ」の問題に重ねてみると、おんなじ価値観の多様化が別の分野で表れているだけだということに気づきます。とはいえ現代の世の中が依然として家族という単位で動いていることは事実です。それに対する批判やほころびはあるにせよ、本流はまだまだ家族という単位で構成されています。私がカポエイラの単位はグループだというのもこれと同じ論理です。

たとえメストリ・コブラ・マンサが自分で作ったFICAを抜けても、メストリ・ルーア・ハスタが最初からグループを持つことに関心がなくても、カポエイラ界が依然としてグループを中心に回っていることには変わりありませんし、いうまでもなくそれは彼らの偉大な業績を減ずるものではありません。一方でフェミニズムを主張するメストリたちも、グループという制度を解体するところまではまだ行っていないようです。

確かにコメント主のイウナさんが言うとおり、「全ては縁」なんでしょうね。自分は一生ひとりでいいんだと思っていた人が素敵な恋人に出会ってコロっと結婚してしまったり、いいお嫁さんになるのが夢だといいながら、納得できる出会いがなかったりするのと同じで、グループやメストリとの出会いも別れも半分は自分の意思を超えたところにあるものなんだろうと思います。

ただ私個人的には、カポエイラの中でグループの持つ意味はそう簡単にはなくならないだろうと思っています。理由は2つあります。ひとつは、前にも書きましたが、他人との衝突をたくみに避けて、できれば自分自身の心の平穏を保ったまま人間関係を築いていくところに、カポエイリスタとしての究極の目標、人生のマンジンゲイロにいたる修業を見出せるという点です。与えられたグループという枠組みの中で、さまざまな問題を乗り越えながらどこまでやれるものか、安易にグループを見切ってしまうことなく頑張ってみる。大袈裟だなと思われる方もいるかもしれませんが、21世紀におけるカポエイラの修業価値のひとつはここにあると私は考えています。

とか、格好のいいことを書いていても、実際の私のカポエイラ生活は、グループ運営や人間関係をめぐるストレスにまみれていますよ(笑)。ゴテゴテ、ドロドロです。グループなんかほっぽり出して純粋にカポエイラに集中できたらどんなに楽か・・・。あ~いかん、いかん、全ては自分の未熟ゆえです・・・

もうひとつの理由については、次回につづく。

※facebookよりもブログのほうが引用やリンクなどが格段に読みやすいです。
※この記事の話題に関心のある方は、次の記事もあわせてお読みいただくと流れが分かりやすいと思います。
「グループは窮屈で、そこがいい?」http://www.vadiacao.com/2019/02/11/grupo-e-um-saco-mas-e-bom/
「グループを軽んずるなかれ!」http://www.vadiacao.com/2019/02/13/valorize-mais-os-grupos/

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © カポエイラ入門 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.