☆★ブラジルの格闘ダンス・カポエイラの魅力を紹介し、その深みを探求するサイトです!★☆

ブログ ☆★Roda de Papoeira★☆

グループはいずれなくなるか?


前回の記事「グループを軽んずるなかれ」にとても深い洞察のコメントをいただきました。facebook上のことですので、このまま埋もれさせてしまうのはもったいないと思い、それを少し膨らませて記事の形でお答えさせていただこうと思います。オリジナルのやり取りに関心のある方はこちらのコメント欄をご覧ください。以下はそのコメントの抜粋です。

グループ単位でカポエイラが行われるようになったのは、カポエイラの歴史からすれば、ごく近年のことですよね。
グループで行っている人たちや、活動を引っ張っているメストレでさえも、グループのメリットもデメリットも感じながら、まだまだ模索していると言えるところもあるのではないでしょうか。三十年続いた大きなアンゴラのグループの創始者であるメストレも去年脱体を表明しました。悩みは尽きないようです。ルーアハスタのように自分のグループを持ちたくないというメストレもいます。

グループでなければ成し遂げられないことがあると思うし、それによってカポエイラは世界中で大きく発展したと思います。でも、これが永遠に正解の形なのかは正直わかりません。もしかしたら、もしかしたら役目を終える日が近いのかもしれない。

※久保原のfacebookの投稿(2019/02/13)に寄せられたShinsaku Iúna Matsubaraさんのコメントから抜粋。

カポエイラがグループという形態で取り組まれ始めたのはビンバ、パスチーニャ以降のことです。1930年代あたりからなので、ほぼ90年前ですか。近年といえば近年ですが、今日カポエイラが世界遺産に認定されるに至るカポエイラ発展のスタートがこの時点にあります。

ではなぜグループという形を取るようになったのでしょうか。問題はそこですよね。それまでは「ならず者のたしなみ」として警察の取締りの対象となり、世間からも「黒人という劣った人種の文化」として蔑んだ見方をされていた状況から、なんとか社会的に認められ、偏見なくブラジル人全体にカポエイラを広めたいというのがビンバにもパスチーニャにも共通の思いでした。そのために彼らの取った道は「改革路線」のヘジオナウ、「伝統路線」のアンゴーラと違いはありましたが、目指すゴールには多分に共通の願いがあったのです。

そのときに2人ともが選択したのがグループという形態でした。これは普通に想像すればごく自然の成り行きだったと思います。それまでバラバラだったものをまとめようというときに、みなさんだったらどんなことから手をつけますか?まずは考えの同じ人を募り、グループを作って、それに名前をつけ、ユニフォームなんかをそろえて、メンバー同士が一体感を感じられるのと同時に、対外的にもまとまりのあるものとして認知してもらおうと考えるのではないでしょうか?実際、これ以降のカポエイラはこういう形で社会に受け入れられ、発展してきたのですね。そしてそれは今日まで続いています。

「ところが」、というよりは、「いうまでもなく」と言ったほうがいいでしょうか。グループという形態がカポエイラにとって理想的で、運営上なんの問題も抱えないかといえばそんなことはまったくないわけで、およそ人間の集まるところ問題は常に山積です。

これは私の見方ですが、グループというのを現代の家族制度に見立てて考えるとかなりすっきり了解できるのではと思います。きわめて乱暴に言えばですよ、私たちのおじいちゃん、おばあちゃんの時代は、男がえらくいて女は従うという風潮だったものが、女性も社会に進出し、キャリアを重視するようになるにつれて、婚姻率は下がり、出産率も下がりました。離婚や非婚も増え、それに対する偏見は弱まり、はたまた同姓婚が認められ、生物学的には子孫を残しえない同姓カップルが他人の子供を養子に迎えることまで認められ始めています。このままでは家族が崩壊してしまうのではないかと危惧する人もいれば、いやいや個人が主体でさまざまな生き方があっていいんだ、大事なのは本人が幸せかどうかで、家族の形もいろいろでいいんだ、という意見もあります。

このような家族を取り巻く状況を、カポエイラのグループと「ひとりカポエイリスタ」の問題に重ねてみると、おんなじ価値観の多様化が別の分野で表れているだけだということに気づきます。とはいえ現代の世の中が依然として家族という単位で動いていることは事実です。それに対する批判やほころびはあるにせよ、本流はまだまだ家族という単位で構成されています。私がカポエイラの単位はグループだというのもこれと同じ論理です。

たとえメストリ・コブラ・マンサが自分で作ったFICAを抜けても、メストリ・ルーア・ハスタが最初からグループを持つことに関心がなくても、カポエイラ界が依然としてグループを中心に回っていることには変わりありませんし、いうまでもなくそれは彼らの偉大な業績を減ずるものではありません。一方でフェミニズムを主張するメストリたちも、グループという制度を解体するところまではまだ行っていないようです。

確かにコメント主のイウナさんが言うとおり、「全ては縁」なんでしょうね。自分は一生ひとりでいいんだと思っていた人が素敵な恋人に出会ってコロっと結婚してしまったり、いいお嫁さんになるのが夢だといいながら、納得できる出会いがなかったりするのと同じで、グループやメストリとの出会いも別れも半分は自分の意思を超えたところにあるものなんだろうと思います。

ただ私個人的には、カポエイラの中でグループの持つ意味はそう簡単にはなくならないだろうと思っています。理由は2つあります。ひとつは、前にも書きましたが、他人との衝突をたくみに避けて、できれば自分自身の心の平穏を保ったまま人間関係を築いていくところに、カポエイリスタとしての究極の目標、人生のマンジンゲイロにいたる修業を見出せるという点です。与えられたグループという枠組みの中で、さまざまな問題を乗り越えながらどこまでやれるものか、安易にグループを見切ってしまうことなく頑張ってみる。大袈裟だなと思われる方もいるかもしれませんが、21世紀におけるカポエイラの修業価値のひとつはここにあると私は考えています。

とか、格好のいいことを書いていても、実際の私のカポエイラ生活は、グループ運営や人間関係をめぐるストレスにまみれていますよ(笑)。ゴテゴテ、ドロドロです。グループなんかほっぽり出して純粋にカポエイラに集中できたらどんなに楽か・・・。あ~いかん、いかん、全ては自分の未熟ゆえです・・・

もうひとつの理由については、次回につづく。

※facebookよりもブログのほうが引用やリンクなどが格段に読みやすいです。
※この記事の話題に関心のある方は、次の記事もあわせてお読みいただくと流れが分かりやすいと思います。
「グループは窮屈で、そこがいい?」http://www.vadiacao.com/2019/02/11/grupo-e-um-saco-mas-e-bom/
「グループを軽んずるなかれ!」http://www.vadiacao.com/2019/02/13/valorize-mais-os-grupos/

グループを軽んずるなかれ!(アンゴーラだろうがヘジオナウだろうが日本中のグループのみなさんへ)


これでまた敵を作るかもしれませんが(笑)、カポエイラをしている人であれば、こういうトピックを頭においておいたほうがいいと思うので書きます。私の考えに賛同するしないに関わらず、カポエイラと真摯に向き合う人ほど、いつか誰かとこういう話題について話すときが必ず来ますので、自分はこう思うという立場を作っておくことは大切だと思います。

つまるところ世界中のカポエイラ、あるいはカポエイラの世界と逆にしてもいいですが、それらを支えているのはグループという活動単位だというのが今日の言いたいことです。今日、カポエイラという文化の中核を担っているのは、複数のグループが加入している連盟でもなければ、「ひとりカポエイリスタ」(グループに所属せず個人レベルでカポエイラに取り組んでいる人)たちではなく、グループです。

たとえば「ひとりカポエイリスタ」のみなさんにホーダの場を提供し、彼らを「養っている」のはグループです。そしてそのグループには他の人より早く来て、アラーミを取り、ビリンバウのチューニングをし、終わった後のモップがけをする人たちがいます。路上ホーダであれば、重いアタバキを担いで電車で帰る人、駐車料金を払って楽器を運搬してくれる人がいます。そういう影で動いてくれる人たちの集まりがグループです。

ブラジルからメストリたちを招聘し、日本にいながら本場のカポエイラを学べる場を提供しているのもグループです。年々困難になるメストリたちのビザの申請、グループによっては招聘経費をまかなうための日頃からの積立金があったり、ワークショップの場所確保、メストリの身の回りのお世話などなど、こなすのは当然グループのリーダーとメンバーたちです。

グループはメストリを頂点としたヒエラルキーで構成され、ときには理不尽な要求も生徒たちは飲まされます。良くも悪しくも、必ずしも人間として完璧ではないメストリを伝統の源泉として尊重し、見習わないことを含めて、すべてをその人から学ぶ、そういう構えでグループは成り立っています。それを時代遅れで、わずらわしいと感じる人が増えているとしても、カポエイラの伝承の場の中心はまだしばらくグループであり続けるでしょう。

グループに属さないことを積極的に選択した人、あるいは仕方なくそうなってしまった人、理由はいろいろあるでしょうが、結局はそういう人たちのカポエイラ・ライフというのは、どこかのグループの周縁で、その活動のおこぼれにあやかりながら成立しているというケースがほとんどです。たとえ「おひとりさま」のほうがベテランで、グループのリーダーのほうがカポエイラ歴として後輩だとしても、いわゆるカポエイラ界で責任ある立場として認知されるのは後者のほうです。もちろん実際には、ホーダやワークショップに参加していただくことでグループのほうも恩恵を受けるという見方をすれば相利共生の関係とも取れるわけですが、ホーダという「場」を提供するという順序から見れば、やはり中心にあるのはグループだと見るべきです。

例えばカプーの年末ホーダ。日本のカポエイラの風物詩となったあのお祭の賑わいを楽しみ、しばらく会っていなかった友人との再会に感激し、「あ~やっぱり人とつながれるのがカポエイラだよね」と打ち上げでしんみりつぶやく。でも私はどうしてもその裏を見てしまう癖がついています。「いやいや、あなたたちは、月さんやカプーのメンバーの尽力でつなげてもらっているんですよ」と。

あるいは去る1月の目黒道場の閉鎖。多くの人がその果たした役割を高く評価し、別れを惜しみ、道場主をねぎらいました。言うまでもなくあの場を必死に守り抜いてきたのはマゥン・ジ・オンサとフィーリョス(コハダン)のメンバーたちです。人々の寄せたコメントに嘘はないでしょう。しかし一歩引いて見たときに、当たり前ですが、あの拠点を毎月血のにじむ思いで維持してきた人たちと、イベントやホーダでその恩恵を利用してきた人たちに分けられます。きっと名古屋のうちの拠点も閉鎖されるときには「ありがとう」「お疲れ様」が数百件来ておしまいなんだろうな、と私は戦慄を覚えました。

日本のカポエイラを引っ張っているのは、各地で頑張っているグループたちです。

全国のグループに属しているみなさん。いまのグループに出会い、参加できていることに喜びと感謝を感じましょう。みなさんこそカポエイラという牛車を引いている牛です(失礼!)。カポエイラという大河の本流です。そして自分たちのグループを盛り立てていくこと、それはとりもなおさず皆さん自身がグループの活動に積極的に参加するということですが、そうすることが自分のためだけでなく、カポエイラ文化そのものをを支えているんだということに誇りを持ちましょう!

グループは窮屈で、そこがいい?



昨日のホーダでうれしかったこと。あるお母さんメンバーは忙しいなか、お子さんを預けて、ホーダだけ参加し、ホーダが終わるや飛んで帰っていかれました。また他のメンバーは、膝が痛くて先週から動けていないにもかかわらず、バテリアに参加してホーダを支えてくれるために駆けつけてくれました。

私の受け取め方では、それはグループに対するコンプロミッソ(責任感)の表れだと思います。もしグループのメンバーでなければ、そこまでしてホーダに来る必要はありません。

疲れているから、雨が降っているから、バイトが入ったから、行かなくてすむのが、グループに属さない人の気楽さです。グループのメンバーであれば、疲れていても、雨が降っていても、バイトは入れずに、ホーダの優先順位を高い位置におきます。もちろん本人にとっては、気の進まないときもあるでしょうが、グループに所属していることがそれを求めます。

これは喩えるなら、何の約束もなく交際している男女と結婚した夫婦の違いにも似ていますね。ポルトガル語では前者の状態をセン・コンプロミッソ(sem compromisso)といいます。文字通りコンプロミッソのない状態、責任も約束もない状態のことです。会いたいときだけ会って、喧嘩をすれば別々の家に帰れます。ほとぼりが冷めたころに電話して、「あの時はごめん」で仲直り。ある意味いいとこ取りのこんな関係が楽しくないわけがありません。

しかし夫婦や家族はそんなわけに行きません。言い合いをしても、しかられても、同じテーブルでご飯を食べ、布団を並べて眠らなければなりません。しかしそれを乗り越えてきた仲だからこその信頼や愛情のあることを私たちは知っています。

とかくわずらわしい人間関係を避けて通る現代人のことですから、どこのグループにも属さず気ままにカポエイラに向き合う人たちが増えているのも納得がいきます。自分のペースで気の向いたときだけ練習し、どこかの「グループ」が行うホーダを渡り歩いていれば、カポエイラ・ライフをエンジョイできます。もちろんそういうスタンスを誰も否定することはできませんし、どの時代にもそういうカポエイリスタたちは存在してました。

ただ私としては、その面倒くさいしがらみの中にあえて身をおき、お互いに思いやることを学び、居心地のよい距離を測りながらともに上達していくところに真のマンジンゲイロになる修養のプロセスを見ます。カポエイラの上達には、技術的にも精神的にも相手が必要な所以ですね。

というわけで別にうちのグループにいなくてもカポエイラができないわけではないのに、いてくれる仲間に感謝を感じた昨日のホーダでした。
Gratidão!

ありがとう、マゥン・ジ・オンサ!Viva目黒道場!

2019年1月20日、名古屋。私たちが、月謝改定を含めた来年度のグループの方向性についてメンバー全員で膝を突き合わせて話し合っていたまさにそのとき、東京ではマゥン・ジ・オンサ率いる目黒道場のお別れホーダが開かれていました。

私たちが日本で活動を始めた当時のことを思えば、日本におけるカポエイラの認知度は確実に高まってきているとはいえ、カポエイラ専用のスペースを経営・維持することはまだまだ容易なことではありません。思えばもう6年くらいになるでしょうか、まだ目黒道場がコハダンの時代です。私がアカデミアを開こうかどうか迷っていたとき、道場経営のメリット、デメリットいろいろな問題を教えてもらい、背中を押してくれたのもマゥン・ジ・オンサでした。アカデミアを名古屋にオープンした後も、私の心の中にはいつも目黒道場がカポエイラ道場の先輩的存在としてありました。

コハダンからフィーリョス・ジ・アンゴラへ。コンテンポラニアからアンゴーラへ転身した人だからこそ持ちうる寛容さと柔軟さで、目黒道場はスタイルを越えた交流の拠点として、日本のカポエイラの底上げに多大な貢献をしました。

日本のカポエイラの歴史に大きな足跡を残す居場所が消えることはほんとうに寂しいです。ただ「ひまわりは枯れてこそ実を結ぶ」とも言われます。facebookにメストリ・サムライが記した、元生徒マゥン・ジ・オンサに対する率直な敬意は、彼のメストリとしての度量を表すと同時に、一定の時間を経て、やはりこのタイミングだからこそ最高の形で訪れた雪解けだったような気がします。アンゴラ東京が引き連れていったキッズたちは、自分たち以上に子供らしい大人たちの姿にカポエイラの神秘の力を目の当たりにしたのではないでしょうか。バトンはしっかりつながれていると思います。

私としてもお別れホーダに駆けつけられず申し訳ない気持ちでいっぱいですが、マゥン・ジ・オンサに今一番言いたいことは、ごめんなさいよりも、ありがとうです!そして忘れてはいけない、むっちゃんにも。カポエイリスタの妻は苦労するものと世界中で決まっています。ましてやメストリやグループのリーダーの奥さんとなれば、なおさらですね。それはうちの妻を見ていれば分かります・・・。渡部さんがマゥン・ジ・ガト(猫)ではなくオンサ(ヒョウ)であれたのは、まぎれもなくともに戦ったむっちゃんあればこそですね。

Viva目黒道場!オブリガード、マゥン・ジ・オンサ!第2幕、張り切っていきましょう!Tamo juntos!

拙稿「カポエイラ -黒人奴隷の遊戯・武技から世界遺産へ」 ダウンロードご自由に!



2017年12月2日に天理大学アメリカス学会で行われたシンポジウム「ブラジルのなかのアフリカ」で発表した内容を論文っぽくまとめたものが『アメリカス研究』第23号(2018.11)に掲載されました。こちらからダウンロードしていただけば全文お読みいただけますので、関心のある方はどうぞ。「カポエイラ入門」のトップページにもダウンロードのリンクを張っておきました。

始まりはこんな感じです・・・

*****

はじめに

アフリカ人奴隷の遊戯・武技としてブラジルで創造されたカポエイラは、19世紀から20世紀初頭まで、根絶されるべき社会の病理として徹底的な弾圧を受けていた。1890年に始まる共和制では、刑法の中で明確に犯罪として規定され、長期の拘留や島流しの刑罰が科せられた。それからわずか120年足らず。2008年にはブラジルの文化省によって国を代表する無形文化財として認定されたばかりか、2014年にはユネスコによって人類の無形文化遺産にまで登録されている。かつては社会問題を引き起こす原因として扱われたものが、今日では逆にさまざまな社会問題を解決するツールとして多くの社会プロジェクトの中にカポエイラが取り入れられている。全世界160以上の国々で愛好されており、カポエイラの聖地とされるバイーア州サルヴァドールには、ルーツを求めるカポエイリスタたちが世界中から押し寄せている(IPHAN, 2014)。

「ブラジルの中のアフリカ」という視点から現在のカポエイラをながめてみると、表象としてはアフロ・ブラジル文化の典型としてのイメージを保持しつつも、実態としてはそのアフリカ性がどんどん薄れつつある状況がうかがわれる。今日のカポエイラは、ブラジル国民が自らの人種的ルーツに関わらず「われわれの文化」として誇りうるナショナル・シンボルであり、むしろ文化的盗用(apropriação cultural)と評されるほど、非黒人のヘゲモニーが優勢となっている現状が見られる。

例えばそれはブラジル中に支部を展開する巨大グループのトップが、ことごとく白人のメストリ(師範)たちで占められていることに端的に表れている。カポエイラを欧米に伝播した先駆者たちも、その多くが白人のメストリであった。それに対しバイーアの長老たち(多くは黒人のメストリ)はたとえ有名ではあっても、経済的にはきわめて困難な状況を生きている。人種主義(racismo)は厳然と存在し、黒人を取り巻く状況は、政治的にも経済的にもカポエイラの果たした社会的上昇に見合うだけの向上を遂げていない。

本稿では、カポエイラの社会的上昇、すなわちエスニックなシンボルがナショナルなそれへと変容していく経緯を概観した上で、今日のカポエイラが直面する問題点についても触れてみたい。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © カポエイラ入門 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.